ふるさと土屋

  •  
        土屋の地域情報のトップにもどる
    本日の訪問者
    0
    累計
    705,881

    地域の紹介

    立春の頃の土屋小学校
    平塚市の市街地からおよそ10km西方に土屋があります。東西約3.6km、南北に約3.2kmの方形状の区域で、面積は平塚市の約十分の一。土屋の地形は、東西に向って標高80〜120mの里山や丘陵に挟まれた谷間が走っており、南側は小高い山々(標高100〜150m)が大磯町の鷹取山に連なっており、春秋の季節は遠藤原から土屋一帯を望む、小高い山々の景色は、小波を打っているように見え、また格別な味わいがあります。
     平安時代末期には、土屋三郎宗遠がこの地を治め、治承4年(1180年)には、源頼朝に従い、石橋山の旗揚げに参戦しています。宗遠は源平合戦での活躍から、地頭職に任命され、頼朝・頼家・実朝と源氏三代の将軍に仕えました。
     1495年北条早雲が時の小田原城主大森頼春を攻め込み、頼春が真田に落ち入ったときに、土屋氏の領地の遠藤原・小熊原が戦場となりました。そのときの戦死者を葬ったものと思われる塚が遠藤原と小熊原に点在しています。
     また、土屋は、鎌倉時代の惣領制のなごりが地区名となっています。土屋を大きく四つに分けて、上惣領(矢沢)、惣領分(琵琶を含む)、大庶子分(庶子分・小熊・遠藤原)、大寺分(寺分・早田・人増)となっています。惣領制の名残といえる地名が、いまも残っているのは全国的にもきわめてめずらしいといわれています。
     横穴古墳や古寺、古社などが点在する土屋は、律令制の時代から集落として栄えており、古道や坂道の途中には、いにしえを物語る数多くの石仏や道祖神がたたずんでいます。

    投稿記事を検索

    << 2017 / 6 >>
                 




    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    読書月間

    [土屋小学校 ささりんどう]

    2017/06/28 17:21:43
    6月は読書月間です。
    図書委員会を中心に様々な企画がありました。
    6月23日の朝は児童集会を行い、大型絵本の読み語りや、しおりコンテストの表彰がありました。
    みんな本に親しんでいます。

    スズメバチ注意

    [自治会]

    2017/06/14 21:22:35
    庶子分(牢坂)の農道にスズメバチが切株の蜜を求めて
    2匹飛来。6/14 鈴木自治連会長が駆除しました。
    近くに巣があると思います。
    通学の小学生、神大学生、散歩の皆さん
    十分注意して通行下さい。
    暫くは仲間の飛来を確認していきます。 
                      
    中庶子分自治会長 小清水

    学校だより 「ささりんどう」

    [土屋小学校 ささりんどう]

    2017/06/12 15:51:54
    たいへん遅くなりました、学校だより「ささりんどう4月号」「ささりんどう5月号」を紹介します。学校教育計画や子どもたちの活躍をぜひご覧ください。
                       土屋小学校
    16926_A.pdf0413ささりんどう.$td.pdf

    16926_B.pdf0501ささりんどう.$td.pdf

    学校だより 「ささりんどう」

    [土屋小学校 ささりんどう]

    2017/06/09 10:57:08
    遅くなりましたが、学校だよりを発行しました。
    是非ご覧ください。
    なお、運動会にまつわる感動秘話もあります。

                       土屋小学校
    16900_A.pdf0601ささりんどう.$td.pdf

    平成29年度 第一回 市民と大学生による里地里山再生プロジェクト    田植え

    [その他]

    2017/06/04 22:28:27

    毎年恒例となっています平塚市民と大学生による田植えを
    紹介します。
    里山をよみがえらせる会の全面協力により、6/3最高の天候の中
    中庶子分の谷戸田にて 市民46名、東海大生12名、神大生60名
    (留学生含む)他里山の会員合わせ約150名の参加にて
    8アールの水田にうるち米『はるみ』と、もち米を手植えしました。

    素足になって、代のぬかるみに歓声を上げながら、初体験をした方も多かったようです。その後じゃがいも堀りをして、前年収穫したお米を薪で炊き上げ昼食、とても美味しいと好評でした。
    本年は更に特Aランクの『はるみ』の試食が楽しみです。

    収穫したお米は【緑のカーテン】コンクールの商品にも提供されます。

    尚、当日SCNケーブルTV・テレビ神奈川・タウンニュースの取材を
    受けましたので機会ありましたらご覧ください。
    (TVKの番組はお昼12時からの 猫のひたいほどワイド で 放送、
    今後、レポーターが手植えしたものを収穫まで取材し放送するそうです。田植えの様子は6/5(月)に放映されるかも?)

    [ 1 - 5 件 / 1596 件中 ] NEXT >>