ふるさと土屋

  •  
        土屋の地域情報のトップにもどる
    本日の訪問者
    40
    累計
    745,367

    地域の紹介

    立春の頃の土屋小学校
    平塚市の市街地からおよそ10km西方に土屋があります。東西約3.6km、南北に約3.2kmの方形状の区域で、面積は平塚市の約十分の一。土屋の地形は、東西に向って標高80〜120mの里山や丘陵に挟まれた谷間が走っており、南側は小高い山々(標高100〜150m)が大磯町の鷹取山に連なっており、春秋の季節は遠藤原から土屋一帯を望む、小高い山々の景色は、小波を打っているように見え、また格別な味わいがあります。
     平安時代末期には、土屋三郎宗遠がこの地を治め、治承4年(1180年)には、源頼朝に従い、石橋山の旗揚げに参戦しています。宗遠は源平合戦での活躍から、地頭職に任命され、頼朝・頼家・実朝と源氏三代の将軍に仕えました。
     1495年北条早雲が時の小田原城主大森頼春を攻め込み、頼春が真田に落ち入ったときに、土屋氏の領地の遠藤原・小熊原が戦場となりました。そのときの戦死者を葬ったものと思われる塚が遠藤原と小熊原に点在しています。
     また、土屋は、鎌倉時代の惣領制のなごりが地区名となっています。土屋を大きく四つに分けて、上惣領(矢沢)、惣領分(琵琶を含む)、大庶子分(庶子分・小熊・遠藤原)、大寺分(寺分・早田・人増)となっています。惣領制の名残といえる地名が、いまも残っているのは全国的にもきわめてめずらしいといわれています。
     横穴古墳や古寺、古社などが点在する土屋は、律令制の時代から集落として栄えており、古道や坂道の途中には、いにしえを物語る数多くの石仏や道祖神がたたずんでいます。

    投稿記事を検索

    << 2018 / 8 >>
                 



    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    月 

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    ワクワクが止まらない!「海と山の探検隊」大盛況♪

    [土屋公民館]

    2018/08/13 14:32:11

    8月11日(土)、12日(日)の1泊2日で須賀公民館・土屋公民館共催『平塚の魅力発見!夏休み「海と山の探検隊」』を実施しました。

    新規事業、そして始めての港地域の公民館との共催ということで、0からのスタートでしたが、参加者の皆さん、地域の皆さんに支えられ、大盛況のうちに終了することができました。

    ●海の冒険
    まずは須賀公民館で「魚のさばき方体験」。朝獲れたてのワカシを使い、親子で協力して3枚におろし、刺身にして試食しました。みなさんキレイにさばけましたが、漁協組合の石田さんがさばいた刺身は艶があって味が違いました。切り方ひとつでこうも味が変わるのですね!
    そしてママの会レモングループの皆さんに調理してもらったアジフライとサバの味噌煮の昼食を食べました。新鮮な魚を使っているからか、身がふっくらして本当においしいと大変好評でした。

    午後はライフセービング体験。湘南平塚ライフセービングクラブの皆さんに教えてもらいながら、ボディボードに乗りました。親子で乗ったり、レースをしたりと、海を満喫しました。

    ●山の冒険
    夕方びわ青少年の家に移動し、土屋の野菜をふんだんに使い、野菜カレーを作りました。火起こしに苦戦しながらも、全班おいしいカレーを作ることができました。
    食後は定番のスイカ割りと花火。竹の棒が柔らかかったせいか、なかなか割れませんでしたが、みんなで少しずつ叩き、見事割ることができました。冷たくて甘くてとてもおいしいスイカでした。
    初めは土屋と須賀で分かれてしまっていた子ども達も花火をする頃には自然と打ち解け、仲良くなっていました。

    2日目の朝食は「カートンドック」作り。ホットドックの具をはさみ、アルミホイルに包んで空の牛乳パックにいれて火を付けるとちょうどいい焼き加減に!手軽においしく朝食をいただきました。
    そして最後のイベント「ウォークラリー」。土屋と須賀の親子で協力してコースを回りました。土屋の人でも知らないような自然豊かなコースを満喫し、楽しくゴールできました。

    あっという間の2日間でしたが、中身の濃い充実した時間を過ごすことができ、「海の魅力」、「山の魅力」をたくさん見つけることができました。海も山もある平塚市って本当に魅力いっぱいの素晴らしいまちですね♪
    初めての試みるチャレンジ事業でしたが、天気に恵まれ、地域資源に恵まれ、人に恵まれ、天地人の揃った本当に素晴らしい事業となりました。参加してくれた皆さん、協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

    科学の不思議を体験!「親子科学教室」

    [土屋公民館]

    2018/08/13 14:24:04
    8月10日(金)神奈川大学にて、西ブロック(金目、金田、土屋、吉沢、旭南、旭北)共催事業「親子科学教室」を実施しました。

    今回は3つの実験を体験し、親子で大変盛り上がりました。
    ●液体窒素を使った冷却実験
    液体窒素にお花やゴムボール、バナナなどを入れて、凍らせてみました。
    凍ったゴムボールをハンマーで割ったり、凍ったバナナで釘を打ったりと−200℃の世界を楽しみました。

    ●ホタルの光を作ろう
    特殊な液体を混ぜて電気を消すと発光!さらに薬品を加えるといろいろな色に光り、幻想的な空間を作りました。

    ●スライム作り
    洗濯のりにホウ砂の飽和溶液を少しずつ加えて割りばしでかき混ぜるとだんだんスライム状に!食紅で色を付けてカラフルなスライムをたくさん作りました!

    そして最後は学食体験♪お腹いっぱい食べて夏休みを満喫しました。
    土屋からは1組のみの参加でしたが、とっても面白かったのでぜひ来年申し込んでくださいね!

    雨雲を吹き飛ばす!?「流しそうめん大会&タックボール」

    [土屋公民館]

    2018/08/08 15:25:37
    平成30年8月8日(水)、夏休み子ども教室「流しそうめん大会&タックボール」を実施しました。

    今年は、まず初めに土沢中の生徒たちが考えたスポーツ「タックボール」を行いました。タックボールは、去年と比べ、ボールを変更するなど工夫が加えられており、パワーアップしていました。
    ルール説明からゲームの進行、結果発表まで中学生が行い、参加した子供達はとても楽しそうで、大成功でした。

    タックボールで盛り上がった後は、流しそうめんを楽しみました。
    台風の予報もありましたが、みんなの日頃の行いと子ども達の晴れパワーで雨がやみ、無事に外で実施することができました。
    そうめん以外にもフルーツを流し、子どもたちもとても大盛り上がりでした。

    参加してくれた皆さん、協力してくれた皆さん本当にありがとうございました。

    記事:社会教育実習生 浅田

    社協つちさわ 30年度第1号を発行しました!

    [土沢地区社会福祉協議会]

    2018/08/07 8:53:18
    社協つちさわの広報誌発行 
      平成30年7月31日 第1号

    1面 平成29年度総会の写真
        日時:平成30年5月18日(金)19:00〜
        場所:土屋公民館 集会室
        
    2面 総会報告・役員紹介
               

    3面 副会長挨拶・土沢社協の組織/事業
          
     
    4面 土沢社協の活動スナップ・information・募金活動・編集後記 

           土沢地区社会福祉協議会
                      
    21051_A.pdf社協つちさわ3007.pdf

    夏レクリエーション

    [土子連]

    2018/08/02 20:28:48

    各地区で夏レクリエーションが行われました。


    大寺分 
    陶器の絵付け体験



























    大庶子分 
    ボーリング大会

    [ 1 - 5 件 / 1744 件中 ] NEXT >>