ふるさと土屋

  •  
        土屋の地域情報のトップにもどる
    本日の訪問者
    80
    累計
    912,581

    地域の紹介

    ふるさと土屋HPロゴ
    土屋地区は、東西約3.6q、南北に約3.2qの方形状の区域で、面積は平塚市の約十分の一。東西に向って標高80〜120mの里山や丘陵に挟まれた谷間が走っており、南側は小高い山々が連なり、春秋の季節は遠藤原から土屋一帯を望む小高い山々の景色は、小波を打っているように見え、また格別な味わいがあります。
     平安時代末期には、土屋三郎宗遠がこの地を治め、治承4年(1180年)には、源頼朝に従い、石橋山の旗挙げに参戦しています。宗遠は源平合戦での活躍から、地頭職に任命され、頼朝・頼家・実朝と源氏三代の将軍に仕えました。
     また、土屋は、鎌倉時代の惣領制のなごりが地区名となっています。土屋を大きく四つに分けて、上惣領(矢沢)、惣領分(琵琶を含む)、大庶子分(庶子分・小熊・遠藤原)、大寺分(寺分・早田・人増)となっています。惣領制の名残といえる地名が、いまも残っているのは全国的にもきわめてめずらしいといわれています。これを「土屋三分」といいます。
     横穴古墳や古寺、古社などが点在する土屋は、律令制の時代から集落として栄えており、古道や坂道の途中には、いにしえを物語る数多くの石仏や道祖神がたたずんでいます。

    投稿記事を検索

    << 2022 / 8 >>
                 

    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    月 

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    海の魅力をいっぱい発見!〜R4海と山の探検隊〜

    [土屋公民館]

    2022/08/15 15:03:43
    令和4年8月12日(金)に土屋・吉沢・須賀・花水・なでしこ公民館共催『海と山の探検隊』を実施しました。
    ●海の探検
    1まずはビーチクリーンピカピカビーチバレーコート付近と波打ち際付近に分かれ、ゴミを拾い、自分が拾ったとっておきのゴミを紹介し合いました。波打ち際付近には流れ着いた大きなゴミが多く、違いがあることが分かりました。
    2次に津波避難タワーに上り、クイズを解きながら学びました。このタワーは海抜12.2mにあり、9.6mの津波まで大丈夫なんだそうです。その後、それ以上の津波が来た時に避難できる最寄りのマンション(津波避難ビル)まで実際に歩いてみましたウォーキング
    3続いてビーチ散策予定や注意事項が乗っている案内板や、遊泳状況の分かる旗(赤は遊泳禁止)、実際に海を見回ってくれているライフセーバーさんを見学し、どんなことをしているのか質問もしてみました!
    4水に入る準備をし、2人一組のバディに分かれ、ペットボトル救出訓練。少し水を入れたペットボトルを溺れている人の近くに投げる練習をしました。下から振り子のように勢いをつけて投げると遠くまで飛ばすことができましたびっくり
    5そしてついにお待ちかねの海!ペットボトルの浮力体験チームとライフジャケットチームに分かれ、いざというときの浮かびやすい方法について体感しました!子どもたちは波が来るたびに大はしゃぎで喜び、みんなで手をつないだり、輪になったりしながら海を体感しました嬉しい
     荒天の影響で、特別プログラムでのライフセービング体験となりましたが、子どもたちが積極的に手を挙げ意欲的に参加してくれ、学びあり楽しさありの素晴らしい事業となりました。ライフセービングクラブの皆さん本当にありがとうございました幸せ
    ※山の探検は延期となりました。

    平塚消防第17分団だより「台風による増水等で、庁舎待機」

    [平塚消防第17分団]

    2022/08/13 20:19:35

    皆さんこんばんは!
    平塚市消防団第17分団です。
    本日、台風の影響で河川の増水があり、本部から消防団へ庁舎に待機するよう「待機命令」が発令されました

    待機中、いざという時のために発電機などの確認、整備などを行い、天候を見ながら待機していました

    雨も弱まり、水位も下がったことが確認でき、本部からの解除判断のもと、先程解散しました。

    しかし、まだ土砂災害なども想定されます。
    普段とちがうなぁと思った時は早めの避難をこころがけるようお願いします。

    そして、第17分団では一緒に活動し地域を守る仲間を募集しております!!
    男女問わず募集しておりますので、是非ともよろしくお願いします。
     

    みるみる上達!「子ども卓球教室」

    [土屋公民館]

    2022/08/09 8:55:44
    8月8日(月)夏休み子ども教室「子ども卓球教室」を実施しましたピカピカ
    今年も元土屋小職員の小泉満さんをお招きし、楽しく卓球の基礎を学びました。

    山城中卓球部の県大会出場(小泉さんが顧問)に伴い急遽日程変更となり、当初予定していた7/29(金)は卓球施設開放のみ行いました。みんなで楽しく卓球をやりましたが、今日の講座を見るとやっぱり講師がいると上達が全然違うと感じますびっくり
    打ちやすい方法を教えてもらい、球出しで打ったり、先生とラリーをしたりしているうちにどんどん上手くなり、見違えるほ上達しましたびっくりその他、サーブの練習や、回転のかけ方も教えてもらい色々な技を練習しましたワイワイ
    小泉さんの「ちょっとネタの古い」トークも健在で、子どもたちの興味を惹きつつ楽しく卓球をご指導いただき、最後に「将来の夢」の話もしていただきましたスマイル

    ホヌ&ハイビスカス「チョークアート」で南国気分♪

    [土屋公民館]

    2022/08/08 10:54:14
     令和4年8月3日(水)、夏休み子ども教室「チョークアートを楽しもう」を実施しました。
     冒頭にSDGs(エスディージーズ・持続可能な開発目標)のお話をしていただけましたワイワイチョークアートは特殊なチョーク(オイルパステル)を黒いMDF(中質繊維板)に塗り、指で伸ばしながら描きます。このMDFは、間伐材や端材などのチップを主原料として作られており、エコ素材として注目されているそうです。楽しいことが、持続可能な環境づくりにつながるって素晴らしいですね幸せ
     今回のテーマはホヌ(ウミガメ)ハイビスカスびっくり講師の千葉和恵さんと山田さん、ソメヤさんに丁寧に教えていただき、思い思いに色を付け、グラデーションがキレイな個性あふれる色とりどりの作品ができました音符今年は更にキラキラしたラメの貼り付けも行い、子ども達から大好評でした星ピカピカ
     この講座はリピーターが多く、今年は25人の土屋っ子が参加してくれました。先生からも「絵の成長、心身の成長、土屋の子どもの成長を感じることができました」とうれしいお言葉をいただきました矢印左下

    平塚消防第17分団だより「8月1回目 夏季点検」

    [平塚消防第17分団]

    2022/08/07 19:11:17

    皆さんこんばんは!
    平塚市消防団第17分団です。
    今朝は8月1回目 夏季点検を行いました。

    土屋にある防火水槽、水防倉庫、庁舎周辺を二手に分かれて、点検と草刈りをしました。

    防火水槽とは貯水設備のことです。 
    消火栓による消火活動の補助や災害時に消火栓が利用できなくなった場合に利用します。
    小学校のプールも防火水槽の役割を担っています

    庁舎は機材などを全部出して、大掃除!
    周辺の草木もきれいに刈ることが出来ました!!

    防火水槽は、土屋の地域でも複数あります。
    中でも3箇所は草木が特に多く、周辺が草でおおわれてしまいま。
    それでは、いざと言う時に使用が出来ないため、バッサバサと草を刈り、やっと姿をあらましました。

    そして、今年から管理を行う水防倉庫周りも草がすごく、そちらも綺麗に刈り終えてスッキリ!

    防火水槽や水防倉庫など、綺麗にさっぱりしましたので、皆さんもお散歩がてら探してみてください。

    そして、第17分団では一緒に活動し地域を守る仲間を募集しております!!
    男女問わず募集しておりますので、是非ともよろしくお願いします。
     

    [ 1 - 5 件 / 2681 件中 ] NEXT >>