悠久と癒しの郷 金目

  •  
    金目地域の情報を提供しています
    本日の訪問者
    11
    累計
    548,622

    地域の紹介

    金目観音の本堂
     ここ金目は、平塚市の西北域に位置し、世帯数約8,200、人口約18,200、14の単位自治会で構成されています。
    坂東7番札所「金目観音」の在所であり、金目川が中央を流れゆく自然と景観に恵まれた中、歴史を刻む多くの神社仏閣、遺跡、史跡があり、教育や福祉、文化の発祥地として、「自由民権の道」・「学びの道」、「里地里山の道」等の散策コースを備える悠久と癒しの風土に囲まれた郷です。
    また、公民館活動や各種団体の諸活動も活発に展開され、平塚市内で唯一のエコミュージアム活動を、地域の人々が支えあう、秩序あるコミュニティーの形成を目標に、金目エコミュージアムと名付け、自然景観・歴史文化・産業・イベントの4分科会で構成、それぞれが学習と研究をする中で鋭意推進している地域でもあります。

    投稿記事を検索

    << 2022 / 12 >>
                 




    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月 

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    ≪金目親水公園の自然≫  おお寒い! 蝶 冬眠に入る

    [親水公園ホタル保存会]

    2022/12/06 10:31:48
    マガモとカルガモ R4.12.5 公園池 公園にやって来た団体一行 R4.12.5 ミノムシ R4.12.5 公園枝垂れ柳
    ≪金目親水公園の自然≫ おお寒い! 蝶 冬眠に入る
     12月5日、昨日の小春日和とは打って変わって、この日は最高気温が10℃今季最も寒い日となりました。午前10半過ぎ、いつものように園内の野鳥や蝶の観察に出かけました。
     公園池にはカルガモ28羽、マガモ3羽が池の縁で寒そうに羽毛の間に空気を取り入れて膨らでいました。園内の林からはヒヨドリ、ハシボソガラス、シジュウカラ等の鳴き声が聞えてきました。
     原っぱや園内の木々の葉上で日向ぼっこをしていた昨日とは全く異なって、静寂そのものでした。しかし、公園の南東に位置するマテバシイの林では、ウラギンシジミ1頭が葉裏で、またムラサキツバメ2頭が葉上で、しかも上の葉を屋根にして越冬し始めた姿を見ることが出来ました。(下の写真)
     観察し終えて帰る頃には、数十人の団体一行が休憩と少し早いお昼弁当をあちこちで食べていました。団体の皆さんをお迎えするにはちょっと寒過ぎる日でした。(ふぁいあ ふらい)

     
      
     ウラギンシジミの越冬 R4.12.5      ムラサキツバメ R4.12.5 マテバシイ葉上   ムラサキツバメ R4.12.5 マテバシイ葉上 

    ≪金目親水公園の自然≫ 小春日和の日向ぼっこ(人・鳥・蝶)

    [親水公園ホタル保存会]

    2022/12/05 15:33:56
    夫婦でのんびり 親水公園 R4.12.4 日曜日は父さんが子守り  親水公園 R4.12.4  のんびりうたた寝のカルガモとマガモ 親水公園 R4.12.4
    ≪金目親水公園の自然≫  小春日和の日向ぼっこ(人・鳥・蝶)
     12月4日、小春日和の日曜日、朝から太陽が金目親水公園に暖かな柔らかな光を注いでくれました。午前11時過ぎの公園へ出かけ、鳥や蝶の日向ぼっこを観に出かけました。
     公園池では17羽のカルガモと3羽のマガモが一緒にうたた寝をし、それを眺めながら東屋で早めのお昼弁当を食べながら老夫婦がいました。
     木道ではアキアカネが、原っぱではツマグロヒョウモンが、更に公園林縁ではウラギンシジミやムラサキツバメ、ムラサキシジミが椿、アラカシ、トウカエデ、トウネズミモチの葉っぱの上でのんびりと柔らかな陽を浴びている姿か観られました。
     皆さんも小春日和には金目親水公園へ散歩に来て、当公園の生きものを観察してはいかがでしょうか。そして公園林内の枯れ葉が落ちる風景や落ち葉を踏む音の聞ける公園は素晴らしいものです。(ふぁいあ ふらい)
    ー 蝶の日向ぼっこ ー
       
     アキアカネ ♂(木道で)          ツマグロヒョウモン ♀(原っぱで)   ウラギンシジミ ♀(椿の葉上で)
       
    ムラサキツバメ ♀ (椿の葉上)     ムラサキツバメ ♀ (アラカシの葉上)   ムラサキツバメ♀ (トウカエデの葉上)
     
    ムラサキツバメ ♂ (アラカシの葉上) ムラサキシジミ ♂ (アラカシの葉上)

    「自然学級たより」第48号を発行しました!

    [金目エコミュージアム]

    2022/12/05 8:43:28
     「自然学級たより」第48号を発行しました!

    掲載内容
     ・クスノキの果実 を食べてみました。
     ・晩秋のシロバナタンポポ
     ・オープン自然観察会
       カモ類の”エクリプス“とジャコウアゲハの越冬蛹の観察
     ・どんぐり工作
           詳細は以下のPDFをご覧ください。
    39484_A.pdf自然学級たより(第48号)R4.11.25.pdf

    ≪金目親水公園の自然≫ ただ今、ウラギンシジミ8頭が越冬中

    [親水公園ホタル保存会]

    2022/12/04 9:16:07
    ウラギジンシジミ 越冬中➀ R4.12.2 親水公園 ウラギジンシジミ 越冬中A R4.12.2 親水公園 ウラギジンシジミ 越冬中B R4.12.2 親水公園
    ≪金目親水公園の自然≫     ただ今、ウラギンシジミ8頭が越冬中
     12月2日の午前中は曇っているものの、時々、雲の切れ間から冬の太陽光が射し込んだ時は暖かく、一瞬の小春日を感じる日となりました。そんな日に金目親水公園へ出かけ、公園の林では椿やアラカシの木々の葉裏で8頭のウラギンシジミが越冬している姿を観察することが出来ました。その時の個々の蝶の写真が上下の写真です。
     なお、ウラギンシジミE(下写真の2段目左写真)には11月29日には2頭が並んで越冬していましたが、現在は所在不明となっています。(不明となった蝶によく似た蝶が最後の8枚目の写真の蝶と同じように見えますが剥がれた翅の形が異なっています。) 
     冬の金目親水公園も自然の魅力がいっぱいあります。ぜひ、自然観察に来てみてはいかがでしょうか。(ふぁいあ ふらい)


       
     ウラギジンシジミ 越冬中C R4.12.2 親水公園    ウラギジンシジミ 越冬中D R4.12.2 親水公園

       
     ウラギジンシジミ 越冬中E R4.12.2 親水公園    ウラギジンシジミ 越冬中F R4.12.2 親水公園


     ウラギジンシジミ 越冬中G R4.12.3

    【見守り新鮮情報 第438号】 ヘアドライヤーから発火!? 

    [防犯協会金目支部]

    2022/12/03 11:03:28
    【見守り新鮮情報 第438号】
        ヘアドライヤーから発火!?
    事例1
    入浴後ヘアドライヤーを使っていたら、コード部分から火花が散り、右腕の内側に軽いやけどを負った。(70歳代 女性)
    事例2
    1年半前に購入したヘアドライヤーを使用したら、火花が散った。火花でドライヤーが焦げ、カーペットと衣服にも焦げ跡が残った。メーカーに連絡すると、本体にコードを巻き付けて収納していたことが原因だと言われた。(70歳代 女性)
    39454_A.pdf見守り新鮮情報 第438号.pdf


    [ 1 - 5 件 / 5098 件中 ] NEXT >>