悠久と癒しの郷 金目

  •  
    金目地域の情報を提供しています
    本日の訪問者
    46
    累計
    265,268

    地域の紹介

    金目観音の本堂
     ここ金目は、平塚市の西北域に位置し、世帯数約8,200、人口約18,200、14の単位自治会で構成されています。
    坂東7番札所「金目観音」の在所であり、金目川が中央を流れゆく自然と景観に恵まれた中、歴史を刻む多くの神社仏閣、遺跡、史跡があり、教育や福祉、文化の発祥地として、「自由民権の道」・「学びの道」、「里地里山の道」等の散策コースを備える悠久と癒しの風土に囲まれた郷です。
    また、公民館活動や各種団体の諸活動も活発に展開され、平塚市内で唯一のエコミュージアム活動を、地域の人々が支えあう、秩序あるコミュニティーの形成を目標に、金目エコミュージアムと名付け、自然景観・歴史文化・産業・イベントの4分科会で構成、それぞれが学習と研究をする中で鋭意推進している地域でもあります。

    投稿記事を検索

    << 2017 / 10 >>
                 
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31



    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    【緊急連絡】 市民体育レク(地区レク)の中止のお知らせ

    [その他]

    2017/10/21 12:35:07
    【緊急連絡】 市民体育レクの中止のお知らせ
    明日(10/22)に開催予定の金目地区およびみずほ地区の市民体育レクレーション大会は、台風接近の為、中止となりましたのでお知らせします。
    未だ、この事をご存知ない近所の方やお友達の方にもお知らせ頂ければ幸いです。
    (金目地区HP運営委員会 Y.Y)

    「さなだハロウィン」 開催のお知らせ

    [その他]

    2017/10/20 21:41:59
    「さなだハロウィン」 開催のお知らせ
     10月28日(土)16:00より、仮装をした子どもたちが、子どもたちだけでグループをつくり、“Trick or Treat” (トリック・オア・トリート)「いたずらか、ごちそうか」と言いながら、近隣の家々やお店を回りお菓子を集めます。
     参加してみたい方は、以下のPDFをご覧ください。(さなだハロウィン実行委員会)
    (金目地区HP運営委員会 Y.Y)
    18255_A.pdfさなだハロウィン2017.pdf

    ≪平塚市乳幼児情報≫「親子であそぼうフェスティバル」を開催のお知らせ

    [くらし安全情報((市からの情報の抜粋)]

    2017/10/20 13:50:00
    ■平塚市
    平塚市乳幼児情報
    「親子であそぼうフェスティバル」を開催します!
    対象:乳幼児(未就学児)親子
    日時:平成29年11月18日(土)午前10時〜11時30分
    場所:トッケイセキュリティ平塚総合体育館(平塚市総合公園内)
    内容:親子で楽しめるふれあいあそびや保育士による大型人形劇など
    申込:平成29年10月23日(月)受付開始
    郵便番号・住所・電話番号・保護者氏名(ふりがな)・お子さん氏名(ふりがな)と年齢を記入のうえ、はがき・FAX・メールのいずれかの方法でお申し込みください。
    はがき…〒254-8686浅間町9-1 保育課子育て支援担当
    FAX…0463-21-9738
    メール…oyafes2017@city.hiratsuka.kanagawa.jp
    お問い合わせ:0463-21-9842
    平塚市健康・こども部保育課 子育て支援担当  0463-21-9842
    (金目地区HP運営委員会 Y.Y)

    秋の風景 −蜘蛛にとって厄介な落ち葉−

    [親水公園ホタル保存会]

    2017/10/19 7:45:25

    秋の風景@ −蜘蛛にとって厄介な落ち葉−
     5日ぶりに朝から晴れた10日午前8時前、桜の木の下に昨日の夕方に張ったと思われるナガコガネグの網に桜の枯れ葉2枚が引っかかっていました。落ち葉は風に揺られてひらひらと揺れ、その都度、蜘蛛の網全体が小刻みに揺れていました。このような網の振動で、蜘蛛は餌がかかったことを知ります。
     写真@は、そんな訳で迷惑そうなナガコガネグモの雌がやって来て、落ち葉を切り離そうと一生懸命頑張っているところです。葉っぱが引っかかっている糸を切ればよいと思うが、そうすれば作った網の形が崩れてしまう。形を崩さないように網を張った支柱となっている糸の先端まで何度も往復して確かめ、葉っぱを網から切り離しました。この1枚の葉っぱを落とすのに12分ほどかかりました。
     写真Aは二枚目の落ち葉を切り落とし作業に取り掛かっているところです。この作業は8分ほど費やしました。
     写真Bは2枚の落ち葉を取り除いて網の中心に座ったナガコガネグモです。
      9時過ぎになって、雌の体調に比べて半分以下の大きさのナガコガネグモの雄も雌の網の傍に網を張ってその中心に居座っていました。雄の網があったことに気付きませんでした。雌が落ち葉の切り離し作業を行なっている間、雄は何処で、何をしていたんだろうか?、また観察すること25分間は無駄な時間を過ごしたのか?、それとも貴重な体験をしたのか?、金目の秋の一つの風景を見ることが出来たと思うと貴重な体験であったと思います。(Y.Y)
     
     

    「でこぼこ in 金目」(10月)報告 −アクリルたわし作り−

    [でこぼこ in 金目]

    2017/10/18 7:43:10

    「でこぼこ in 金目」(10月)報告 −アクリルたわし作り−
     10月16日(月)午前10時から「でこぼこ in 金目」を開催しました。参加者は4組の親子(子ども7名)と8名の大人、スタッフ6名でした。
     この日は「アクリルたわし」作りをしました。イチゴの形をした可愛いたわしをアクリル毛糸と鈎針を使って編みます。参加者の中にはアクリルたわし作りのベテランがいて詳しく教えてもらいました。
     作業終了後、素朴な“ふかし芋”でおやつ! みんなでお喋りする中、一人のお婆ちゃんが「ちょっと赤ちゃんを抱っこした」と、若いママとの交流が自然に生まれ、スタッフとしては嬉しいひと時が出来ました。
     次回の11月13日(月)もアクリルたわし作りを行います。子育て中の若いママさんたち、赤ちゃん大好きなお爺ちゃん、お婆ちゃんたちの参加をお待ちしています。
    (文・写真 Yo.Y)
     
     
    18240_A.pdfでこぼこ年間スケジュール表.pdf


    [ 1 - 5 件 / 2339 件中 ] NEXT >>