悠久と癒しの郷 金目

  •  
    金目地域の情報を提供しています
    本日の訪問者
    103
    累計
    533,325

    地域の紹介

    金目観音の本堂
     ここ金目は、平塚市の西北域に位置し、世帯数約8,200、人口約18,200、14の単位自治会で構成されています。
    坂東7番札所「金目観音」の在所であり、金目川が中央を流れゆく自然と景観に恵まれた中、歴史を刻む多くの神社仏閣、遺跡、史跡があり、教育や福祉、文化の発祥地として、「自由民権の道」・「学びの道」、「里地里山の道」等の散策コースを備える悠久と癒しの風土に囲まれた郷です。
    また、公民館活動や各種団体の諸活動も活発に展開され、平塚市内で唯一のエコミュージアム活動を、地域の人々が支えあう、秩序あるコミュニティーの形成を目標に、金目エコミュージアムと名付け、自然景観・歴史文化・産業・イベントの4分科会で構成、それぞれが学習と研究をする中で鋭意推進している地域でもあります。

    投稿記事を検索

    << 2022 / 8 >>
                 

    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    月 

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    アカボシゴマダラの卵の経過観察

    [親水公園ホタル保存会]

    2022/08/12 12:51:06
    アカボシゴマダラの卵の経過観察
     8月5日、アカボシゴマダラの成虫が金目親水公園のホタル水路脇の小さなケヤキに、地上から約50cmほどの高さの葉の上に止まっているのを発見しました。飛び去った後に周りを観察していくと、直径1mmほどの球状で、縦に筋の入った青色の卵を見つけました。産卵から7日が経ちました。そろそろ孵化の時期かと思われます。これまでの卵の様子をご覧ください。
     

      
            産卵直後                            産卵4日目

      
      産卵6日目                            産卵7日目

    でこぼこ in 金目(8月)を開催  ー読み聞かせ と 西瓜割り−

    [でこぼこ in 金目]

    2022/08/11 8:43:00


    でこぼこ in 金目(8月)を開催
    ー読み聞かせ と 西瓜割り−
     8月8日(月)「でこぼこ in 金目(8月)」を開催しました。この日は夏休みで小学生3人の参加(スタッフの子とその友達)がありました。久しぶりの子どもたちとのふれあいで、スタッフの方が子どもの元気パワーを充電させてもらいました。
     おばけ絵本≫ の読み聞かせのあと、お楽しみの≪スイカ割り≫ が行われました。3人とも見事に当たり、みんなで美味しい西瓜を頬張りました。(Yo.Y)

     
    38101_A.pdf「でこぼこ in 金目」 とは.pdf

    ≪金目の自然≫ ヤエヤマムラサキが八重山から風に乗って!

    [親水公園ホタル保存会]

    2022/08/10 8:30:10
    ヤエヤマムラサキ?  (雄) R4.8.9  金目親水公園
    ヤエヤマムラサキ?  (雄) R4.8.9  金目親水公園
    ≪金目の自然≫
     ヤエヤマムラサキ」が 金目親水公園へ?

     8月9日、金目観音の四万八千縁日の準備を終えて金目親水公園へ寄って帰りました。というのは昨夜、カラスウリの花を撮ろうと公園へ行きましたが、空振りに終りました。そこで、今夜はどうだろうかと下見に立ち寄りました。
     カラスウリの根元まで来ると黒い蝶が目の前を横切りました。慌ててデジカメを取り出して、蝶が止まったところまで追いかけて撮ったのが上の写真です。さらに近づいて撮ろうとしたら逃げられ、一時居場所を見失いましたが、アラカシの茂った小枝の中で見つけてやっと撮ったのが2枚目の写真です。 
    写真を拡大して見ると、今まで金目親水公園でも、また金目地区でも見かけたことがない初めて出会った蝶です。
     蝶名を図鑑やインターネット(※1)で調べた結果、それらしき蝶名としてヤエヤマムラサキ(雄)?(写真3)ではないかと私なりに判断しました。というのは、

      今年の梅雨前線が北の位置に留まり、太平洋高気圧が大きく張り出して、高気圧の縁を通って梅雨前線へ吹き込みむ暖かい湿った風に乗って、八重山で生まれ育ったヤエヤマムラサキが迷鳥として金目へやって来たとロマンを抱きながら考えています。(ふぁいあ ふらい)

    (※1)ヤエヤマムラサキ(写真3雄 写真4雌)は大型のタテハチョウで、日本では冬を越せない蝶といわれています。しかし、迷蝶として、フィリピンあたりから毎年のように飛来して南西諸島では発生を繰り返しています。また、本州でもたびたび捕えられていてニュースになったりします。南西諸島で発生する○○ムラサキの3種(他にリュウキュウ、メスアカ)の中では唯一♂が紫色に輝かず、代わりに♀が輝きます。
      
    (http://chou-album.sakura.ne.jp/tateha1/yaemura.html)より


     

    ≪金目の自然≫ 8月の金目親水公園の昆虫

    [親水公園ホタル保存会]

    2022/08/09 8:16:47

      ≪金目の自然≫   8月の金目親水公園の昆虫

     8月5,6日には8月の金目親水公園の風景と植物を撮ってこの情報局に投稿しました。

     今回は、敢て気温が30℃を越え、かつ蒸し暑い8月8日(月)の昼間、金目親水公園で見られる昆虫の写真を撮りに出かけました。この日の観察できた昆虫を以下のPDFに纏めましたのでご覧ください。(ふぁいあ ふらい)
    38088_A.pdf金目の自然(昆虫 R4.8.8).pdf


    << BACK [ 6 - 10 件 / 4955 件中 ] NEXT >>