ゆるぎの里 きさわ

  •  
    吉沢地区の情報を発信します
    本日の訪問者
    0
    累計
    446,596

    地域の紹介

    吉沢地区レクリエーション大会の様子
    吉沢地区自治会連合会は、上吉沢自治会、中吉沢自治会、下吉沢自治会、めぐみが丘自治会からなり(世帯数約1200、人口約4000人)、めぐみが丘地区が新しく加わったことから、古くから住み続けてきた人たちと新しく定住し始めた人たちが、融合してまちづくりを進めることで、地域全体の融和が図られ、活性化されつつあります。
    「自分たちのまちは自分たちの力で」をモットーに、お年寄りから小さな子どもまで、一緒になって様々な取組が行われています。

    投稿記事を検索

    << 2017 / 6 >>
                 




    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    吉沢八景の簡易マップを作成しました

    [ゆるぎ地区活性化に向けた協議会]

    2016/04/21 9:00:38
    地区内外のみなさまに散策を楽しんでいただけるよう、吉沢八景を中心として、その周辺の名所・見所を含めた簡易マップを作成しました。マップ片手に、里地里山の魅力豊富な吉沢(きさわ)地区へぜひお越しください。 なお、正式な散策路マップについては、現在、本協議会、東京農大・東海大、平塚市の協働により検討・作成作業を進めておりますので、完成次第こちらにアップさせていただきます。
    12982_A.pdf吉沢八景簡易マップ160311(日付追加).pdf

    吉沢シニア青春学級「生活講座」Cを実施しました。

    [吉沢公民館]

    2017/06/27 13:51:26
    6月23日(金)吉沢シニア青春学級「生活講座」Cを実施しました。

    講師には平塚市交通安全教育指導員、平塚警察署の方をお迎えして“どうしたら防げるの 高齢者の交通事故”をテーマとして実施しました。

    高齢化社会を迎えた今日、以前より交通事故死は減少してきているものの、高齢者の交通事故の割合が、高く多くなってきていて、毎日の様に新聞・テレビ等で報道されています。

    まず導入として頭をリラックスさせる為、脳トレ運動が行われました。

    高齢者の交通事故を防止する為、運転者側と歩行者側になったそれぞれの立場から、
      @ 道路横断中交通事故に遭わないための対策
      A 高齢者ドライバーに多い事故パターン
    について、交差点や横断歩道に於ける交通事故防止の、日常生活に密着した詳細な説明で、クイズ形式なので、非常に分かり易く参加者も、聞き入っていました。

    また、脳トレ・筋トレ運動を交え、メロディに合わせて
    ≪ひらつかオリジナル 交通安全のうた≫ を参加者全員で合唱し楽しく学びました。(非常に覚えやすいメロディでした。)

    平塚警察署の方よりの主な内容は、
    @ 改正道路交通法の施行
       1. 臨時認知機能検査・臨時高齢者講習
         2. 臨時適正検査制度の見直し
         3. 高齢者講習の合理化・高度化
    A 免許証の自主返納
    ※ 運転経歴証明書の案内ついて他
    についての話がありました。

    最後に歌って踊って交通安全という事で、
    “Let’s トラビック!!!”
    〜エアロビックで交通安全〜 
    交通事故防止の替え歌を全員で合唱し、最後に“ふじの山”の曲に合わせてエアロビックで、歌と踊りを交えて、楽しく笑顔で生活講座も終了しました。

    参加者からは
    「交通安全に対する意識が高くなった。」「非常に有意義な講座だった。」「悲惨な交通事故の加害者・被害者にならない様ルールを守る必要性を再認識した。」「脳トレ・筋トレ・エアロビックを組入れた講習で楽しかった。」等の感想がありました。

    本日の生活講座に、ご協力を下さいました皆様ありがとうございました。

    吉沢シニア青春学級 「娯楽講座」B を開催しました。   

    [吉沢公民館]

    2017/06/23 14:22:51
    6月21日(水)吉沢シニア青春学級 「娯楽講座」B を開催しました。   

    最近は「落語ブーム」で、“笑う門には福来たる”とか“健康はお笑いから”の喩えもあるように、笑って楽しむと言う事で、悪天候の中多くの参加がありました。

    講師には、平塚出身の落語家の「楽志亭 壱生」さんを、お迎えいたしました。

    最初に江戸の川柳の成り立ちについて、お話をしてもらい
    最初の捲りから早々とお笑いが飛び出して、笑い転げる事が始まりました。
    江戸時代の川柳は、現在でも30万句残っているとの事です。
    沢山ある中から「家族を扱った川柳」・「嫁さんと姑さんの川柳」・「銭湯の川柳」・「将棋と碁の川柳」・「江戸の経済を扱った川柳」等沢山の披露して頂き、解説によって現在とは異なった、江戸時代の歴史・文化・風俗等庶民のおおらかな暮らしぶりを知ることが出来ました。
    川柳は頭の体操にも非常に良いとの事です。

    江戸川柳の後、落語2席【ちりとてちん】・【井戸の茶碗】のご講演を頂きました。
    “ちりとてちん”は、何でも知ったかぶりをする人の話で、食べ方・飲み方・臭いの嗅ぎ方・表情等非常に豊かで、また“井戸の茶碗”は、仏像を預かった正直者の屑やさんと、古びた茶碗をめぐっての浪人・若侍との売買をめぐっての話で、登場人物は正直で真面目な人たちばかりでしたが、笑いの中にも非常に心が打たれ温まる、素晴らしい演目でした。

    流石に落語家で話術も非常に上手く、参加者からは終始笑い声が聞かれ、壱生さん の落語を聞き入っていました。
    楽しい落語口座もアッという間に終了してしまいました。
    参加者からは
    「同じ七五調の俳句と川柳のルール・生い立ちの違いを知ることが出来た」・「笑いの止まらない楽しい講座だった」・「またこの様な楽しい講座があったら参加したい」・「羽織の結び方の3つ(1.旦那結び 2.芸人結び 3.喧嘩結び)を学ぶことが出来た」等の感想がありました。

    本日の娯楽講座に、ご協力を頂きました関係者の皆様ありがとうございました。

    吉沢シニア青春学級A移動教室を実施しました

    [吉沢公民館]

    2017/06/22 17:04:49
    6/19(月)吉沢シニア青春学級 A移動学習を実施しました。

    天候の心配もなく移動学習日和となりました。

    本日のコースはつぎの通りです
    吉沢公民館 ⇒ Jaxa ⇒ 深大寺 ⇒サントリー ⇒ 吉沢公民館

    Jaxaは宇宙航空分野の基礎研究から、開発から利用までを行う機関で、展示室には人工衛星やロケットの模型があり、野外にはM-3SU・M-V(実物大模型 全長30.7m)のロケットが展示されていました。
    最初にビデオの上映があり、相模原キャンパスでの事業内容を見て学びました。
    その後、ガイドさんからペンシルロケットから始まりラムダ・ミュー・イプシロンまでの日本独自で開発した純国産ロケット歴史や、最新の宇宙科学への取組の話がありました。(ロケットには世界でもトップクラスの大手メーカーの炭素繊維や、接合部分には町工場で作られたボルト・ネジが使用されているとの事)

    特に、宇宙空間や太陽系の惑星、小惑星、彗星などの天体の様子や、小惑星探査機「はやぶさ」が、地球から3億キロも先にある“イトカワ”から、表面物質持ち帰った日本の高い技術などの詳細な説明があり、宇宙という未知の領域へ、参加者の皆さんも興味津々で説明を聞きながら、宇宙開発に対する認識を新にしていました。

    次は関東でも屈指の古刹である深大寺へ行き、昼食を楽しみました。

    最後はサントリー武蔵野ブルワリー<天然水のビール工場>の製造工程を見学しました。
    仕込み工程でビールの原料の麦芽・ホップに天然水を使用して、徹底的な品質管理のもとラインは、オートメーション化されて、ビールは缶に詰められていました。

    サントリーは飲料を主体として生産活動をしているので、限りある水資源を有効利用して再利用し、生産工程で発生する副産物の削減 CO2を削減して、循環型社会への取組についても行っていました。

    参加者からは
    「日本のロケットの打ち上げ技術の高さを知りました」「見て・食べて・知って楽しい移動学習でした」「循環型社会への企業の真摯な取組に感銘を受けました」「エコに対する認識をもっと高めなければと痛感しました」等の感想が聞かれました。

    移動学習の計画から実施まで、ご協力を頂きました関係者の皆様ありがとうございました。


    吉沢シニア青春学級が開講しました

    [吉沢公民館]

    2017/06/22 16:59:48
    高齢化社会を迎えて、健康で明るい日々を過ごすという事と地域の連帯と親睦を深める目的で今年も『吉沢シニア青春学級を』を開催します。

    6月16日(金)
    第1回は健康講座で講師にはスターマイン吉沢の講師もされている西村樹里さんに努めていただきました。

    まず ダンベルを使用して体の各所をダンベルで叩きながら、筋肉に適度の刺激を与えて、体の各所の緊張をほぐしました。
    続いて座ったままでも出来るリズム体操を行いました。
    歌いながらリズムに合わせて腕や手を大きく動かす運動で、体の機能や柔軟性の向上が図られる、とても分かりやすい体操です。

    声を出して「楽しく行うこと」「手先・指」を動かす事は、脳にとても良い刺激を与えるそうです。
    “しあわせなら手をたたこう”を歌いながら人数を2人から4人・8人と増やしながらリズム体操を講師の指導の下に行いました。
    会場は参加者の熱心な取組みと笑い声に包まれていました。

    最後にマットを用意して、音楽に合わせてストレッチ体操を行いました。
    誰にでも出来る簡単な体操で足腰の柔軟性が増して、体が丈夫になり「気持ちが良いと」大好評でした。

    高齢化社会の進行に伴い、国民的な健康づくりが叫ばれ、高まって来ています。
    今回の講座が日常生活において、健康づくりに役立てて頂けたらと思っています。

    ご協力を頂きました関係者の皆様ありがとうございました。


    [ 1 - 5 件 / 709 件中 ] NEXT >>