湘南ひらつか おかざき

  •  
    岡崎地区のイベント情報等を配信しています
    本日の訪問者
    4
    累計
    293,288

    地域の紹介

    岡崎城
    岡崎地区は平塚市の北西部に位置し、伊勢原市と秦野市に隣接しています。
     世帯数は約3,500、人口は約9500、10の自治会が構成されています。
     元は岡崎村という1つの村で、昭和31年に平塚市に編入しました。
     “岡崎”という地名は、鎌倉時代に源頼朝に仕え、この地に城を築いた武将「岡崎四郎義実」に由来しています。 
     山や川、田んぼや畑、たくさんの自然に囲まれ、気候も住民も大変穏やかです!

    投稿記事を検索

    << 2020 / 1 >>
                 



    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    月 

    携帯アクセス
    ■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

    ■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
     

    読者登録

    メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

    事務局専用ページ

    岡崎公民館だより 公民館まつり特集号

    [岡崎公民館]

    2020/01/14 10:52:32
    岡崎公民館だより 『公民館まつり特集号』を発行しました。

    令和2年2月15日(土)と16日(日)の2日間、
    第44回岡崎公民館まつりを開催します。

    公民館利用団体や地域団体の皆さまの日ごろの活動の成果が発表されます。
    また、模擬店や楽しい催し物もありますので、ぜひ足をお運びください。

    なお、当日は徒歩または自転車でのご来場にご協力をお願いします。


    ※内容は下のPDFファイルをご覧ください。
     (左は表紙の画像のみです)

    26845_A.pdf岡崎公民館 公民館だより(公民館まつり特集号).pdf

    岡崎公民館 2月から入館方法が変わります

    [岡崎公民館]

    2020/01/10 13:28:06
    現在、岡崎公民館の入館の方法につきましては、玄関で外履きからスリッパや上履きに履き替えて入館していただいております。

    しかし、履き慣れないスリッパでの階段の昇り降りの際の危険性や、下駄箱での靴の履き間違いが度々発生していること、更には利用される皆さまの利便性などを考慮したうえで、令和2年2月1日から3月末までを試行期間として、下表のとおり一部の部屋を除き外履きのまま利用できる形に変更し、特に問題等がなければ4月から正式に運用させていただきます。



    今回の変更により、入館時には外履きに付いた土などの汚れの除去や、雨天時は床が滑りやすくなるので靴底の水分を十分に拭き取っていただくなど、皆さまには新たなご負担が生じることもあるかと思いますが、変更の趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願いします。

    岡崎公民館だより 令和2年1月号

    [岡崎公民館]

    2020/01/05 8:57:18
    岡崎公民館だより 令和2年1月号を発行しました。

    ・実施報告:公民館年末大清掃
    ・実施報告:家庭教育学級
    ・実施報告:グラウンドゴルフ大会
    ・岡崎地区民生委員児童委員協議会12月からの新体制
    ・岡崎公民館まつり日程決定
    ・公民館からのお知らせ:2月から入館方法を変更します


    ※内容は下のPDFファイルをご覧ください。
     (左は表紙の画像のみです)

    26725_A.pdf岡崎公民館 公民館だより(令和2年1月号).pdf

    岡崎公民館 年末年始休館のお知らせ

    [岡崎公民館]

    2019/12/27 17:29:16
    年末年始期間、岡崎公民館および岡崎市民窓口センターは下記のとおり休館休業いたします。

      皆さま、今年も大変お世話になりました。
      どうか、良い新年をお迎えください。

    『お飾りづくり教室』を開催しました。

    [岡崎公民館]

    2019/12/23 14:44:51



    12月22日(日)に、年内最後の公民館事業となる『お飾りづくり教室』を開催しました。

    講師は丸島地区にお住まいの田中さんにお願いしました。

    材料となる稲わらも西海地地区の上原さんの田んぼからいただいたものを使用し、まさに「地元岡崎産のお正月飾り」となります。

    初めての体験で最初は不安そうな方もいましたが、講師の田中さんに教わりながら、また、ひとりでは難しい作業は周りの方と協力しながら、市販のものと比べると完成度は低いかもしれませんが、手作り感や自分で作った満足感など、お金では買えないものが詰まったお飾りができあがりました。

    写真にある、講師の田中さんに見本として作っていただいたお飾りは、12月28日(土)から公民館の玄関に飾りますので、お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧ください。

    ご参加いただいた皆さま、講師の田中さん、稲わらを提供していただいた上原さん、ありがとうございました。

    [ 1 - 5 件 / 397 件中 ] NEXT >>