本日の訪問者
5
累計
2,287

地域の紹介

旭陵中学校から見た旭北地区。クリックすると拡大します。
旭北地区は、根坂間、河内、徳延、纒、公所、日向岡の6地区からなっています。
世帯数は8,995世帯、人口は21,550名(男10,797名、女10,753名)です。
旭地区(旭村)は昭和29年に他地区に先駆けて、平塚市と合併。それを境いに今まで田園風景の広がっていた農村地域に、近代化が急速に進みはじめ、今まで田や畑だった所が、宅地化され、住宅地にと変わっていきました。
昭和40年代から工事に取りかかった湘南大橋も開通し、それにより道路網も整備され、バス路線も急速に増え、高村団地、山下団地、日向岡の住宅開発、それに近代的な商店街の形成という画期的な発展は、農村風景から住宅地域へと、さらに大きく変貌しました。
学校も1小学校・1中学校から、小学校4校、中学校3校に増加し、公民館も南北二つに分かれ、昭和58年、旭北公民館が新設・発足し、平成元年には自治会連合会も二つに分かれて活動を開始し現在に至っています。

投稿記事を検索

<< 2019 / 4 >>
             

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30



月 

携帯アクセス
■QRコードを携帯電話で読み込んで、表示されるURLを押して下さい。

■通信にかかる費用は、ご利用者のご負担となります。
 

読者登録

メールアドレスを登録すると、この ページの更新情報が届きます。

リンク

事務局専用ページ

平塚今昔物語-その2

[旭北を知ろう]

2019/04/23 9:56:14
昭和47年 平塚駅北口
昭和49年 平塚駅北口
昭和42年 北口から
現在の平塚駅北口ロータリー
 4. 昭和47年(1972年)平塚駅北口 - 駅舎は2階建て
 5. 昭和49年(1974年)の北口駅前 – ラスカが出来て
  現在に近いがMNビルはまだ無い
 6. 昭和42年(1967年)北口から平塚宮を望む – 現在の
  東横インに富士銀行があった、電電公社のビルが一番大きい時代
 7. 現在の北口ロータリ – 人魚の噴水は何時無くなったの?

 (その3)につづく

◆写真は平塚博物館からネガを提供頂きました。
 @「レンズが見た平塚」--- 市制80周年記念出版集
 A「思い出の風景 山本 登 写真集」--- 駅南口で写真店を経営されていた。
 2冊ともに中央図書館にあります。(TH)

旭小 校長室便り 4月

[□旭小学校]

2019/04/22 18:10:07
学校生活の様子あれこれ
お知らせ
・4月25日(木)の神奈川新聞「わたしたちの学校 小学校 平塚編」に旭小学校の紹介が掲載されます。
・神奈川新聞社との連動企画として、湘南ケーブルネットワーク(SCN)の番組でも旭小学校の紹介が放映されます。
  ケーブルテレビ 002ch 「ワイド情報カフェ 湘南館」の「わたしたちの学校コーナー」
  放映予定日 5月7日(火)19時〜
        5月8日(水)〜5月13日(月) 8時〜、12時〜、19時〜 の1日3回放送)

※画像をクリックすると拡大します(2段階まで)。
23557_A.pdf校長室便り あさひ 2019_4月.pdf

徳延神社大祭−その1

[その他イベント]

2019/04/22 14:10:15
4月20日 徳延神社大祭
徳延神社の催事
4月20日、徳延神社の大祭の様子

平塚今昔物語-その1

[旭北を知ろう]

2019/04/22 12:03:44
表紙
昭和30年全景
現在の全景
昭和38年平塚駅北口ロータリー
 平塚今昔物語
 1. 昭和30年(1955年)日向岡から見た根坂間、徳延、
  河内、纒地区 – 富山平野の防風林村落を見ている様
 2. 現在日向岡から見た旭北地区の写真---新幹線、高村
  団地が出来た。昔は送電塔などはどうしていたの?
 3. 昭和38年(1963年)平塚駅北口ロータリー  右手に日本勧業
  銀行=みずほ銀行が見える、右下の猪俣タバコ店は今も健在

(その2)につづく

◆写真は平塚博物館からネガを提供頂きました。
 @「レンズが見た平塚」--- 市制80周年記念出版集
 A「思い出の風景 山本 登 写真集」--- 駅南口で写真店を経営されていた。
 2冊ともに中央図書館にあります。(TH)

徳延神社大祭−その2

[その他イベント]

2019/04/22 10:57:18
ガリガリとんぼ 寄付
徳延神社大祭にて楽しんでいただいた「ドローン型ガリガリとんぼ」を紹介します。

[ 1 - 5 件 / 45 件中 ] NEXT >>